独学で合格するのに六法は必要?




最近の試験用の基本書は丁寧にできてますから、条文自体も基本書の説明の部分に掲載されていることがよくあります。

そのせいなのか、最近六法をあまり読まない独学受験生の方がおられるという話を聞いたのですが、これはいけません。

基本書等で条文が出てきた際にはめんどくさくても必ず六法を引く癖を身につけてください。

基本書に書いてある理屈や学説、判例はすべて
条文が元となってできているものです。

独学で法律を勉強しているとなにかとおざなりになりがちですが、元となっている条文を疎かにしてはいけません。

六法を引くことによって、その法律の全体の構成が見えてきますし、

条文を読み込むことによって、その条文に対する議論や学説、判例の意味が理解できるようになってきます。

そうすることで、ようやく生きた知識として残るのですから。


「オススメ六法。必ず一冊は持っておきましょうね。」


               




条文を素読するということ


ある程度勉強が進んだら、勉強時間の一部に条文を素読する時間を設けましょう。

目も痛くなりますし、しんどい作業ですが、今日はここまでと決めて読めば何とか読み続けられるはずです。

読み込む際にはただ字を追うだけでなく、「この条文にはこういう解釈があって、こんな判例があったな」等、

その条文に対する付属知識を思い出しながら読み込むように意識しましょう。

基本書で得た知識への理解がさらに深まるはずです。

管理人は家でも外でも暇さえあれば
口語民法なんかをひたすら読み込んでいました。

管理人はこれを実践したことによって、
択一問題の正答率が飛躍的に上昇しました。

万人受けする方法かどうかはわかりませんが、実践してみる価値はあると思います。


「独学に役立つ口語六法シリーズ。各条文に判例の引用や解説がついており、非常に読みやすいです。」


                   




戻る

inserted by FC2 system