独学で受ける国家資格という試験





国家試験は各試験によって決められた科目について、一定の知識を有するかを評価する試験です。

試験によって合格ラインは決まっており、足きりや相対評価等の別要素もありますが、試験によって大体
6割〜7割くらいが合格ラインとされています。

独学で試験勉強をするからには、当然このラインの突破を目指して勉強することになるのですが、

重要なのは
満点を狙うような勉強の仕方をしてはならないということです。

正答率が6割だろうが9割だろうが、試験に合格さえしていれば良いのですから、

目的が資格の取得のみであれば必要以上の高得点を狙う必要はありません。

高得点を狙う勉強をしようとすると、必然的に勉強の仕方が網羅的になります。

過去問の傾向から見ても、ほとんど出題されないような部分の知識にまで独学の状態で手を出すのはいささかやりすぎではないかと思うのです。

予備校の講師になりたい等の場合は別ですが、

そうでもないかぎり独学での無用な知識の吸収はかえって混乱する原因になりかねないので、ある程度の部分で見切りをつけましょう。

稀に過去問に一切ないようなマニアックな知識を問う問題が本試験で出題されることもありますが、

そういった問題は大抵一部のみで、ほとんどの部分の問題は正攻法の勉強で解ける問題しか出てきませんから、

そういう問題に遭遇した場合はあまり気にせず、得点にできる問題を確実に落とさないような勉強の仕方をしましょう。




実力の目安?




ある程度勉強が進んでくると、自分が試験でどのくらい点数を取れるのかが気になってくるはずです。

一通りの科目の勉強が終わった方などは本試験をうけて合格点までは行かなかったとしても、

大体5割程度は取れているのではないでしょうか?

自分がそのくらいの正答率であった場合、皆さんはどう思いますか?

5割取れているのだから、あと1割分の努力があれば良い」と思った方、おそらく次回も独学での合格は難しいでしょう。

国家試験とはホントよくできていて、全体の5割くらいの問題は、ある程度の勉強をすれば解けるような問題を出してきますが、

合格点までの残り4割〜5割の部分については、

本当に一生懸命勉強した方でないと解けない問題
(マニアックな問題という意味ではありません)を出してきます。

行政書士等の絶対評価の試験で択一での不合格者が多いのはこういった部分で油断している方が多いからではないかと思います。

試験は非情です。

どんなに点数を取っていても、合格点に1点でも満たなければ0点と変わらないですから。

また、その年半分取れたとしても、来年は問題の傾向が変わるなんてことよくありますから、

受験情報が少ない独学者は特に来年もとりあえず5割程度は確実、なんてこともありえないと思うべきでしょう。

必要以上に手を広げて勉強する必要はありませんが、あいまいな記憶に頼る暗記型のやり方ではなく、

理解を深めるよう、じっくり時間をかけて努力することが確実に正答率を上げる方法ではないかと思います。





戻る

inserted by FC2 system